読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUMP OF CHICKEN 飴玉の唄 意味が泣ける!

飴玉の唄 作詞・作曲 藤原基央  編曲 BUMP OF CHICKEN

僕は君を 信じたから もう裏切られる事はない

だってもし裏切られても それが解らないから

どうか 君じゃなく ならないで

 

悲しい時 嬉しい時 どちらにしても ほら泣く

困るでしょうって更に泣く あんまり困らないよ

飴玉あげる

 

何光年も遙か彼方から やっと届いた飴玉だよ

そういう1ミリ繋いで 君と出会えた 僕がいるよ

 

見えない神様 僕らは祈らない

冷えきった君の その手に触れて 心を見たよ

 

聞けない事 言えない事 上手に話せなくて泣く

出ない言葉 強い気持ち 時間が足りないという

 

僕は 君と僕の事を ずっと思い出すことはない

だってさよならしないなら 思い出にならないから

 

さぁ ゆっくり下手な 話をしよう

言葉の要らない 話をしよう

 

 何億年も遠い昔から お互い知っている人がいるよ

そういう1秒を紡いで 僕と生きている 君がいるよ

 

死なない神様 僕らは祈らない

咳をする君の 熱に触れて 命を知るよ

 

僕は君を 信じたけど 君が消えたらどうしよう

考えると 止まらないよ 何も解らなくなる

いつか君と 離れるなら いっそ忘れる事にしよう

出来るのかな 無理だろうな 離れたくないな

 

僕は 君と僕の事を ずっと思い出すことはない

だって忘れられないなら 思い出に出来ないから

ねぇ 怖いよ 止まらないよ 上手に話せやしないよ

君は僕を 信じてるの 離れたくないな

 

見えなければ 死ななければ だけどそんなの君じゃないよ

僕は嫌だよ 君がいいよ 離れたくないな

 

飴玉食べた 君が笑う

 

勝てない神様 負けない 祈らない

限りある君の その最期に触れて 全てに勝つよ

見えない 死なない 僕らの世界でその手に触れて 熱に触れて

僕も笑うよ 君と笑うよ

 僕は君を 信じたから

 

今回はこの曲の歌詞の意味を探りたいと思います。

 

          そもそも飴玉=何?

飴玉は恐らく、を表していると思います。何らかの影響で、死の淵に近づく彼女と、それを見守る僕のことを

歌ったものだと思われます。

 

            1番の解説

これは今のことだと思います。1ブロック2行目の「裏切られても それが解らないから」はもう亡くなられているから知ることが出来ない。ということだと思います。

ここから過去になります。2ブロック目最後の行、飴玉あげる。は、先ほどのを当てはめれば、

『命をあげる』となります。僕から君へ「命をあげるから生きてくれ」ということなんでしょう。

3ブロック目を見る限り、藤君が伝えたいのは、決して偶然ではない、ということだと思います。

何光年も遥か彼方  これで非常に遠いことがわかります。それと対照的な

そういう1ミリを繋いで  近いじゃないか!と思うかもれませんが、1ミリだけ繋ぐ事は可能でしょうか。無理だと思います。なので、君に会うには1ミリだけ繋ぐ、練習が必要です。つまり、君に会うために練習したのだから、偶然ではなく必然的に会うものだった。ということです。

続いていきましょう

4ブロック目。ここが、飴玉の唄のサビです。見えない神様というのは見えない命だと、思います。祈らない理由は、もう亡くなることは分かっているから。2行目で、もう命が少ないことが分かります。

            2番の解説

5ブロック1行目は僕、2行目は彼女のことです。

彼女に言えないこと、聞けないこと、話せなくて泣く

君(僕)に出ない声、だけど持っている強い気持ち、やっぱり時間が足りない。ということでしょう。

6ブロック1行目、これは彼女はずっと僕の心の中で、ずっといるから忘れない。忘れないから思い出さない。

2行目も1行目の続きで、忘れないから思い出にならない。

7ブロック2行目、言葉の要らない話 とは想いで会話する。ということです。

8ブロックは難しく、強いて言うなら4ブロック目の応用です。何億年と1秒を共に生きても、楽しかった。的なことだと思います。

9ブロック2行目咳をしているので、病状が悪化したということです。

10ブロック2行目と11ブロック3行目で、止まらないと書いていますが、恐らく止まらないのはだと思います。当てはめれば、彼女がいなくなる事を考えると、涙が止まらない。となります。

12ブロックは、僕の彼女に対する思いが強く表現されています。ボーカルの藤原君も力強く歌ってます。

最後13ブロック14ブロック。ここの歌詞は、彼女が亡くなるところです。恐らく下から2行目の歌詞で、彼女が笑って逝ったことが分かります。僕は泣いているのですが、彼女の為に、最後の力を振り絞って笑って見送ったのだと思います。

 

まとめ

飴玉の唄は、2人の想いがつまった切ない曲。

 

 

 

この曲は、アルバムorbital period に収録されています。

ではまた次回!